ALPS工法 基本施工

ALPS工法の内容

ALPS工法(基本施工概要・構成図)

(公財)⽇本下⽔道新技術機構建設技術審査報告書

(2011年3月8日に審査証明を取得)

●東京都下水道局 ALPS工法技術申請

●農水路補修施工に水質検査依頼を準備中

ALPS工法の内容

基本ALPSライナー・樹脂の特徴

 ALPS工法は、補強材(ALPSライナー:ガラス繊維を包んだ不織布が積層した物)に樹脂(ALPS樹脂:外部から熱等を加えない硬化性樹脂)を含浸させた補修材を施工現場で硬化させ、クラック・破損,浸入水等が生じた老朽化した管きょを非開削で補修する技術である。
 施工方法は、施工現場において補強材に樹脂を含浸させた後、補修材を補修機に巻き付け、既設人孔内より管内補修箇所まで引き入れる。
 次に圧縮空気を送って補修箇所で圧着し、45分から60分程度で熱等を加えないで硬化させる。
樹脂は水中でも硬化するため、供用中の下水道管きょの施工が可能である。
 膨張ゴムの使用により施工後の長期的な止水性能を発揮する。

ALPS工法の止水ゴム

関連記事

  1. ALPS

    ALPS補強材・樹脂の活用

  2. ALPS工法

    ALPS工法・伏せ越し管施工

  3. ALPS内容

    ALPS工法・張り合わせ施工

  4. 張り合わせ

    取付管・ます管口部分補修 

  5. 破損

    幹線・BOXカルバート管 異常個所範囲

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

技術・製品情報

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031