3D測量の調査フロー

平成30年から【現況図とmm単位異差を求める改築設計図、3Dモデル・DX情報維持管理を3D計測・ドローン飛行調査等で融合解析を実践】

「京都市終末処理場における BIM/CIM の適用可能性に関する調査」新聞掲載記事から抜粋

調査手順(調査目的別に対応):橋梁等現況調査(「ズームロボ」を使用)

・3D計測(位置計測:据置・携帯・歩行機器、目的に応じて測量調査)

・ドローン飛行解析調査(施設内:非GPS、施設外:GPS)

・異常規模解析・2DCAD化(オルソ画像から作図:費用対効果)

・DX情報維持管理、処理場3D計測データの解析、設備形状解析データの活用

・3Dモデルから土木設計図作成と設備移動干渉解析を使用する。その属性に依る維持管理に使

 用する。数年後の改築土木設計に使用が可能である。

作業フロー

関連記事

  1. BCP

    【連携事業継続力強化計画に係る認定】

  2. 固定カメラ

    インフラ調査(橋梁・共同溝)

  3. ドローン

    ドローン調査と3D計測、管路調査の融合

  4. 3D 手順

    処理場・管廊3D 計測とデータ解析

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

技術・製品情報

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031